サーフィンスクール

ウェットスーツのチェックポイント!

ウェットスーツのオーダーをする時や、ストックを購入される時に大切なチェックポイント。
1番簡単に1番にチェックするのは接着部分と足首手首の製法。

このボンド接着で職人のレベルが分かり、持ちも決まってきます。
この接着がキレイじゃなかったり、あまかったりすると他の見えない部分もアマアマな事が多いです。
あとは手首足首の作りなのですが、この様に特殊な技術を使っている場合と
切りっぱなしバージョンがあるのですが、チェックするのは裏側。
写真のようにテンションがかかる部分に補正が付いていればOK!
特に冬のウェットスーツはすくいぬい?貫通させない縫い方をするのですが、ここの綺麗さ。
ここも均等になってないと後で水がたくさん入ってくる原因に。

まぁざっとこんな部分を見ております。
僕らのお店では検品の際必ずチェックしている部分になり、接着の感じが変わったら、『あれ?職人変わった?』ってメーカーさんに言うくらいチェックしてます。

是非ウェットを購入する時は目安まで☆

関連記事

  1. 今日はたくさんスクール受講して頂きありがとうございました!
  2. 2回目のサーフィンスクール!
  3. 初心者サーフィンスクール!
  4. 初心者の皆様、スープでテイクオフの練習は数回にしよう!!!
  5. 初心者サーフィンスクール
  6. 【テイクオフ時の頭の位置が重要!】
  7. 2019最後のサーフィンスクール!
  8. 散歩がてらにサーフスケート!!
PAGE TOP